固定回線とモバイル回線の違いは?代表的なサービスも教えます

インターネット回線は、大きく分けると有線の固定回線と無線のモバイル回線の2種類に分かれます。

固定回線とは?

固定回線は、一般的に家庭や会社など特定の屋内で利用するネット回線のことで、新たに固定回線を引くときは最寄りの電柱から直接回線を家屋まで引き込む工事が必要です。

工事費用や立ち会いの手間がかかりますが、モバイル回線より回線速度が速く、通信速度の制限のないプロバイダが多いです。

主要な固定回線として、「NURO光」、「auひかり」や「ドコモ光」などがあります。こちらは、主に自宅でインターネットを使う人、家族など複数の人数でお住まいの方向けです。

モバイル回線とは?

一方無線のモバイル回線は、一般的に持ち運び可能なネット回線で、開通工事等不要です。

そのため、外出先でもインターネットを利用することができます。モバイル回線には少々回線速度が劣るものもありますが、月額料金が安いのに屋内外どこでもインターネットが利用できる環境が整うため、主に屋外で利用したい人には、おすすめの回線です。

主要なモバイル回線として、「WiMAX」や「モバイルWi-Fi」などがあります。これがあれば、対応エリアならどこでもインターネット環境が整いますので、通学中や通勤中の電車などで動画等を見たい場合にも活用できます。

携帯電話の回線規格である「LTE」「4G」も無線のモバイル回線のひとつです。LTEや4Gを利用できるのは、スマートフォンやタブレットなどの端末が主です。

ですから、携帯でどこでもインターネットがつながるのは、この回線のおかげなのです。